« 華麗なるセルティック対バルセロナ | トップページ | 東証マザーズ上場の企業を脅す 恐喝未遂で総会屋ら3人逮捕 »

堀江被告側が改めて無罪主張、ライブドア事件の控訴審初公判

改めて無罪を主張


の様子。


ホリエモンは警備上の問題で出廷していないようだ。


堀江被告側が改めて無罪主張、ライブドア事件の控訴審初公判 (日本経済新聞)


ライブドア事件で、証券取引法違反の罪に問われ、一審・東京地裁で懲役2年6月の実刑判決を受けた元社長、堀江貴文被告(35)の控訴審初公判が22日、東京高裁(長岡哲次裁判長)で開かれた。堀江被告側は改めて無罪を主張した。控訴審は被告本人に出廷義務がなく、堀江被告は出廷しなかった。


一審判決によると、堀江被告は元取締役、宮内亮治被告(40)=控訴中=らと共謀し、同社の2004年9月期連結決算の利益水増しを計画。投資事業組合を介した自社株の売却益など約53億円を売上高に不正計上。同年10―11月には関連会社の株価をつり上げるため、虚偽の買収情報などを公表したと認定した。

|

« 華麗なるセルティック対バルセロナ | トップページ | 東証マザーズ上場の企業を脅す 恐喝未遂で総会屋ら3人逮捕 »

事件・疑惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007771/11170732

この記事へのトラックバック一覧です: 堀江被告側が改めて無罪主張、ライブドア事件の控訴審初公判:

« 華麗なるセルティック対バルセロナ | トップページ | 東証マザーズ上場の企業を脅す 恐喝未遂で総会屋ら3人逮捕 »