« 一事不再理 | トップページ | ペットフードの安全性確保で法規制 »

「司法の危機だ」鈴木議員、控訴審判決受け会見

「司法の危機だ」鈴木議員、控訴審判決受け会見 (朝日新聞)


 鈴木議員は控訴審判決後、上告と保釈の手続きを済ませてから、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見した。


 二審判決について「新しい事実や具体的資料を出したのに、一切認めていない不当な判決だ」と批判。「初めから『鈴木ありき』の国策捜査をした検察と裁判所が一体となった、司法の危機だ」などとする持論を身ぶり手ぶりを交えて、まくしたてた。


 判決が、鈴木議員がわいろを受け取ったと認定したことについては「私は一円ももらっておらず、やましいことはしていない」と述べた。


 実刑判決を受けて自身の政治手法を変えるつもりはあるのか、と質問されると「一審判決を受けてからも、後援者は私の政治家としての姿を理解してくれている。仕事で恩返しをしていくしかない」と答えた。



国策捜査・・・。どっかで聞いたな、この言葉。さあどうなるホリエモン控訴審。



|

« 一事不再理 | トップページ | ペットフードの安全性確保で法規制 »

事件・疑惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007771/11170742

この記事へのトラックバック一覧です: 「司法の危機だ」鈴木議員、控訴審判決受け会見:

« 一事不再理 | トップページ | ペットフードの安全性確保で法規制 »