« 懲役2年実刑判決 | トップページ | 「司法の危機だ」鈴木議員、控訴審判決受け会見 »

一事不再理

ある事件について、確定した判決がある場合には、その事件について再度、実体審理をすることは許されないとする刑事訴訟上の原則。この原則に反して公訴の提起がなされた場合には、免訴の判決が言い渡される。


とあり、


日本の裁判所で無罪が確定している事件を他国で訴追することについても、当該国が同様の立場を取っていれば同様。


とある。



ところで、


どちらにしても日本で無罪が確定している三浦氏に対し、アメリカが何らかの理由で逮捕にいたったとしても、日本の報道機関が現時点で"容疑者"と表現するのはどうなの?個人的には疑問に思う。まるで"犯人だった"扱いに違和感を覚えます。



|

« 懲役2年実刑判決 | トップページ | 「司法の危機だ」鈴木議員、控訴審判決受け会見 »

司法書士と行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007771/11170741

この記事へのトラックバック一覧です: 一事不再理:

« 懲役2年実刑判決 | トップページ | 「司法の危機だ」鈴木議員、控訴審判決受け会見 »