« 「司法の危機だ」鈴木議員、控訴審判決受け会見 | トップページ | 真央ちゃん愛知回帰 拠点とコーチ変更 »

ペットフードの安全性確保で法規制

ちょっと前の話になりますが、

花王、ANA、松下電器、JTB、サントリー、大手企業が続々参入する中、


農水、環境省が犬用と猫用のペットフードについて、安全性を確保するため法律を整備する方針を発表しました。(当初報道された中国産原料を使ったペットフードにより、米国で犬や猫が死んだことなどを受けた措置で。)


予定では今年の通常国会に関連法案を提出し、今後は業者名の届け出や原材料名の表示などが義務付けられる見通しとなりました。


残念ながらペット産業は儲かる。


だから大企業が挙って参入してくるわけですが、この産業は自主ルールはあっても法規制がまったくないんです。だから私はこの法案だけでは不十分だと思っています。


血統書の偽造をする流通業者、ぼったぐり獣医、有害物質を平気で原材料に使うペットフード業者。


言い出せばきりがない。そろそろボロ儲けしている悪徳業者を実名で公表し、追放すべきだと思いませんか?


皆さんの愛犬、愛猫たちは大丈夫ですか?ペットフードとかも買う前にいろいろ調べたほうがいいですよ。テレビCMでお馴染みの"あの"ペットフードも危険。噂じゃなくてどうやら事実のようです。


ワンちゃん一匹、猫二匹、我が家の動物たちは、私より食費がかかってますから。家計大打撃(汗)。


長生きしてくれよーみんな!



以上

|

« 「司法の危機だ」鈴木議員、控訴審判決受け会見 | トップページ | 真央ちゃん愛知回帰 拠点とコーチ変更 »

まじめなはなシーサー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007771/11170743

この記事へのトラックバック一覧です: ペットフードの安全性確保で法規制:

« 「司法の危機だ」鈴木議員、控訴審判決受け会見 | トップページ | 真央ちゃん愛知回帰 拠点とコーチ変更 »