« 六本木ヒルズ開業5年 脱出するヒルズ族の面々(上) | トップページ | 真央に強烈追い風、強敵金妍児は調整遅れ »

六本木ヒルズ開業5年 脱出するヒルズ族の面々(下)

六本木ヒルズ開業5年 脱出するヒルズ族の面々(下) (九州企業特報)


 六本木ヒルズの森タワーには、ライブドアや楽天のほか、村上世彰氏の村上ファンド、藤田晋氏のサイバーエージェント、野尻佳孝氏のテイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)、西山知義氏のレックスホールディングス(HD)、堀主知ロバート氏のサイバード、折口雅博氏のグッドウィル・グループなど、何かとお騒がせな企業が集まった。


 2004年4月、藤田晋氏と女優・奥菜恵氏との結婚式は、野尻佳孝氏のT&Gがプロデュースする東京・白金台の「アーフェリーク白金」で行われた。この時は、堀江貴文氏、野尻氏、西山知義氏といったヒルズ族たちがハンドベル演奏を披露した。


 だが、藤田氏と奥氏は電撃離婚。焼肉チェーン「牛角」を経営する西山のレックスHDは、六本木ヒルズから退去した。


 ヒルズ族の象徴的人物だった堀江氏が社長を務めていたライブドアは、ライブドアホールディングスに社名を変え、2007年7月、賃料を削減するため、六本木ヒルズから東京・港区の赤坂ツインタワー本館に移転した。移転先は六本木ヒルズから直線で約1.5キロ。18階建てビルの13階分を借りた。スペースは大幅に狭くなり、1坪当たりの賃料も15%ほど節減できるという。


 次に、六本木ヒルズから撤退すると見られているのが、折口雅博氏のグッドウィル・グループ(GWG)だ。2007年、傘下の訪問介護、コムスンの不正行為が次々と発覚し、介護事業から撤退。2008年早々に、傘下の日雇い人材派遣、グッドウィルの不正が明るみに出て、長期間の業務停止命令を受けた。度重なる不正で業績は悪化。メインバンクのみずほ銀行は債権を米投資会社サーベラスと米証券会社モルガン・スタンレーに売却。折口氏は会長辞任に追い込まれた。


 GWGは2003年に本社を六本木ヒルズに移転。3フロアを借り、月々8000万円の家賃を払っている。外資主導で進められる経営再建の過程で、賃料負担を減らすために、六本木ヒルズからの撤去が検討されることになる。折口氏は、ヒルズ族の兄貴分だ。


 昨年、楽天の社内でまことしやかに流れた怪談話がある。六本木ヒルズは、妙祝寺、大法寺など4つの寺を潰した場所に立つ。その祟りで、回転ドア男児死亡、ライブドア前社長・堀江貴文氏逮捕、村上ファンド前代表・村上世彰氏逮捕、GWG前会長・折口雅博氏のコムスン不正などの事件が起きた。次は、うちか。いささかオカルトっぽいが、若い社員の間では、この話題で盛り上がったという。かくして、六本木ヒルズから脱出したというオチがつく。


 新興企業の六本木ヒルズ離れが進む。「ヒルズ族」という言葉が死語になるのに、さほど時間はかからないだろう。

|

« 六本木ヒルズ開業5年 脱出するヒルズ族の面々(上) | トップページ | 真央に強烈追い風、強敵金妍児は調整遅れ »

ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007771/11504022

この記事へのトラックバック一覧です: 六本木ヒルズ開業5年 脱出するヒルズ族の面々(下):

« 六本木ヒルズ開業5年 脱出するヒルズ族の面々(上) | トップページ | 真央に強烈追い風、強敵金妍児は調整遅れ »