« ニッポン人は数字を信じ過ぎるというお話 | トップページ | 春の陽気 予想最高気温19℃ »

世界遺産検定ってどうなの?

世界遺産に検定が存在することすら知りませんでした。で、試しに過去問をやってみました。


結果は最悪。4割くらいしか正解できませんでした。いったい何なのこの検定。難しいよ。って言うか、聞いたことない世界遺産いっぱいあり過ぎだよ。


世の中知らないことだらけです・・・。


ふとここに立ち寄ってくれた皆さん。どうぞ試してみて!


問題①


オーストラリアの「タスマニア原生地帯」は、南極大陸の原生種とオーストラリア大陸の原生種が入り混じった珍しい植物相を有しています。これは、タスマニアがかつて、どの大陸の一部であったことによるものと考えられていますか?


問題②


イラン高原中央に位置する「イスファハーンのイマーム広場」が、世界遺産に登録されています。イスファハーンは、水利や気候など自然条件に恵まれたオアシス都市です。サファビー朝の王はこの地を都とし、壮大な都市建設に着手しました。サファビー朝の王は誰ですか?


問題③


スイス連邦の最初の自然遺産に登録されたのは、「ユングフラウ、アレッチェ、ビーチュホルン」の三山を中心に、名峰が連なる地域です。この地域は世界的な観光地でありながら、( )%以上の土地が自然の状態に保たれています。( )の数値は?


ね?難し過ぎますよねー(笑)。侮れません。世界遺産。

|

« ニッポン人は数字を信じ過ぎるというお話 | トップページ | 春の陽気 予想最高気温19℃ »

どうでもいいですか?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007771/11616603

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産検定ってどうなの?:

« ニッポン人は数字を信じ過ぎるというお話 | トップページ | 春の陽気 予想最高気温19℃ »