« グッドウィル・グループ折口会長が退任 | トップページ | シャトル打ち上げ成功、土井さん「きぼう」建設へ »

公判前整理手続

ホリエモンが現在この制度によって公判中です。


公判前整理手続とは、刑事裁判公判前に争点を絞り込む手続のこと。刑事訴訟法316条の2以下に定めがあります。この制度は裁判員制度の導入をにらみ、刑事裁判の充実・迅速化を図るため、2005年(平成17年)11月の改正刑事訴訟法施行で導入されました。

検察官は証明予定事実を明らかにし、証拠を開示。弁護人も争点を明示し自らの証拠を示さなければなりません。手続には被告人も出席できます。採用する証拠や証人、公判日程はこの場で決まり、終了後は新たな証拠請求が制限されます。初公判では検察、弁護側双方が冒頭陳述を行い、手続の結果を裁判所が説明し、公判は連日開廷が原則です。


公判前整理手続の終了後は新たな証拠請求が制限されるため、被告人に不利になる場合もあると言われています。


結審は早くてもこの制度って冤罪をうまないの?

|

« グッドウィル・グループ折口会長が退任 | トップページ | シャトル打ち上げ成功、土井さん「きぼう」建設へ »

司法書士と行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007771/11181742

この記事へのトラックバック一覧です: 公判前整理手続:

« グッドウィル・グループ折口会長が退任 | トップページ | シャトル打ち上げ成功、土井さん「きぼう」建設へ »